goodjod

okmwsxtgbhu.fruitblog.net

何かへの償いのように聞こえたわ

(2013/10/30 Wed)
なたなりの、何かへの償いのように聞こえたわ。どう? 違う?」
「……」
 償い――
 そういえば、シオリにも同じことを言われたな。2ヶ月前、二人で夜桜を見に行った時に。
 あなたは優しい。過去の悲しみ、そこから背中を押してあげた私達に恩を感じて、あなたは私達にどこまでも優しくなる――過去の悲しみが消えない限り、あなたはそうして、私達に恩を返そうとし続けると。
「私はあなたに何があったのか知らないし、言いたくないのなら無理には聞かないけれど、あなたはその誰もがうらやむほどの力を持ちながら、いつも心細そうだわ。自分のことを必要以上に否定して、卑下して、ナイキ スニーカー
それを少しでも償おうとしているような――そんな風に見えるの」
「……」
 それは過去の自分も言っていたことだ。他人をいたぶって、いい気分になりたがっている自分が嫌で、わけもわからず何かを償いたくて……
 それが苦しくて、シオリにそれを吐露した。シオリはそんな僕を肯定してくれた。
「もう少し、自分を肯定してみたらどうだろうか」
 ユータの父が言った。
「君ほど勤勉で一本気で、前途有望な少年が、そんなことで表舞台に出られないのは実に不憫だ。少しくらい間違いがあってもいいじゃないか。大人になれば嫌でも自分の責任と向き合わなくてはいけないんだ。今のうちに子供の特権を使っておかないと、後々辛いぞ」
「……」
「九品蓮台に至らんと思う欲心なければ、八萬地獄に落つべき罪もなし――子供のうちはそれでいいじゃないか。それで十分今は人としての筋を通したことになる。もっと気楽に考えてみてはどうかね。今の君に必要なのは、力を磨くことじゃなく、自分で自分を少し認めること、自信をつけることじゃないかね」
「……」
 自分で自分を認めること――自信をつけること。
 これまで、僕は沢山の人から存在を否定され続けてきた。家族や、今日会った小学校の頃の旧友もそうだ。誰も僕の存在を認めてくれなかった。僕自身もそう思っていた。自分のことをクズだと思っていた。ナイキ スニーカー レディース
それゆえに人としてのわれを捨て、退廃的、破滅的思考に生きてきた。
 そんな僕に、シオリは初めて、生きていい、と言ってくれた。僕を肯定してくれた。
 だけど、僕自身はいまだに、僕を肯定できないでいる。
 人としての筋を通したいと強く思っていたのも事実だが、スニーカー
きっとそれは、自分に自信が持てないから。そうして罪を償うことで、少しでもましな人間になったと思い込もうとしていただけかも知れない。そうして自分と向き合うことから逃げていただけかもしれない。
「ケースケくん、それを踏まえた上で、私達の頼みを聞いてくれないだろうか」
 ユータの父が、賓客を前にするように、背を正した。

************************************************
九品蓮台に至らんと思う欲心なければ、八萬地獄に落つべき罪もなし…
戦国武将前田利益、通称前田慶次の生き様を示す「一夢庵風流記」に出てくる有名な一節の一部分。現代風に訳すと「天国に行こうとも思わないが、地獄に落ちるような罪も犯してないぜ」といったところでしょうか
Drunk

「ケースケくん、君の気持ちもわかるんだが――来月行われる、オランダでのサッカーの世界選手権に、君も出てくれないだろうか」
「……」
「今のままでは、日本は間違いなく負けるだろう。ユータもきっと戦犯になる。それはきっと、ユータを潰しかねない。あいつはいつか世界に出たいと言っているが、この大会で世界に自分の力をアピールすることは難しいだろう。むしろ評価を大きく落とす可能性が高い。君が入って何が変わるかは私にはわからない




この記事へのトラックバックURL

http://okmwsxtgbhu.fruitblog.net/tb/?5270bafea719e

この記事へのトラックバック一覧




生返事ひとつ返せずに

(2013/10/30 Wed)
ィアが流すわずかな情報と、ユータからの話しかないのだから。
 この数ヶ月、僕は臥龍の名の如く雌伏生活をしていたが、ユータたちがサッカー世代別代表の世界大会予選を勝ち抜いてからというもの、損な自分に迷いを抱いていたのも事実だ。
このまま予選と同じサッカーをしていたのでは、ユータ達は本戦で十中八九惨敗し、国中のサッカーファンから批判され、針の筵のような軽蔑の視線に晒される。友がそんな死地に赴こうとしているのに、僕は今の場所から立ち上がることさえ出来ない自分は、まさに懊悩の塊だった。
「ねえ、ケースケくん」
 ユータの母が口を開く。
「大人と子供の違いって、何だかわかる?」
「……」
 考えたこともない定義だ。僕は押し黙る。
「大人には、全ての行動に責任が付きまとうけれど、ティンバーランド 靴
子供にはそれがないってこと」
「……」
「あなただってまだ子供なのよ。なのに一人で何でもかんでも背負いこみ過ぎ」
「……」
「初めてあなたに会った時から、あなたには子供らしさがこれっぽっちもなかった。無理して大人になろうとして、いつだって苦しそうだったけれど、それでも全て背負い込んで、他人に自分の中に一歩たりとも踏み込ませはしなかったわね」
「……」
 それは仕方のないことだ。僕はそうしなければ、生きていけなかったから。
 親に逆らったことで、僕の子供時代は終焉を迎え、僕はその時から、自分で自分を生かすしかなかった。僅かな甘えも許されず、誰も助けてくれなかった。
 無理をして大人になろうとしていた――確かにそうかもしれないが、僕自身は無理をしているつもりはもうなかった。それが当然のことだと思っていたし、それ以外の価値観を知らなかった。
「私は正直、あなたを可哀想な人だと思って、ずっと見ていたと思う。あなたが新しい力をひとつ手にする度に、あなた自身がより孤独に、不幸せになっていくような……会う度に、表情の裏に隠した疲れが色濃くなっていくような、そんな気がして。とても青春を謳歌する高校生の若い顔じゃなかったわ。それでも、その時の私はあなたに言えなかった。あなたの目がティンバーランド 手入れ
、それを言うことを強く拒絶しているような気がしたから」
「……」
 そうか――この人が昔から僕に優しかったのは、きっと、同情だったんだな。
 家族に連日折檻され、怒りと憎しみだけで力を付けていく。そんな痩せ細った野良犬みたいな僕を見抜いていたんだ。
「そろそろ気を張ることをやめたら? 私はもう十分だと思う。たとえあなたがまだ人間として欠落した部分が会ったとしても、まだあなたは子供なんだから、そこまで気にすることはないと思うわ」
「……」
 生返事ひとつ返せずに、僕は考え込んでいた。
 言っていることは、昔よりは少しは理解できる。
 でも――何故僕は、それが出来ないのだろう。ティンバーランド ブーツ レディース
辛いのがわかっていても、迷っていても、そこから逃げ出すことが出来ないのだろう。
 もう十分だと言われても、自分にはまだ、納得の出来ない部分が多過ぎる。
 どうして……
「ケースケくん、これも、ずっと前から思っていたことなんだけど……」
 その懊悩を、ユータの母の言葉が止めた。
「昔のあなたは、まるで十字架を背負った罪人みたいだって、よく思った。久しぶりに会って、その十字架が随分小さくなったように見えたけれど――でも、まだそれが消えてないように思えて。あなたの誰とも深く関わりを持たない孤独な生き方は、まるで罪を背負った人が世間から隔絶されて、一人ぼっちで贖罪を続けるような、そんな姿に見える時があった」
「……」
「今あなたが言った、筋を通すということも、私はあ




この記事へのトラックバックURL

http://okmwsxtgbhu.fruitblog.net/tb/?5270bad55bd73

この記事へのトラックバック一覧




ハンドバッグ

(2013/10/25 Fri)
僕は顔を出して会釈。
「練習してたのが見えてたからいいよ」
スズキはハンカチで侵食された額を拭った。
「あ、どうも」
「しかしヒラヤマ」
スズキは間を置かずに口を開いた。
「お前赤点3つも取ってるの見た翌日だろう? 少しは勉強しろよ……サクライみたいに朝連やれる身分じゃないぞ」
 席に向かいかけたユータは足を止めて、オーロレックス オーバーホール
バーに教室を見回した。
「えぇーっ! ちょっ……こんなところで赤点の数公表はないでしょ先生」
 そこでクラスから、くすくすっと笑いが漏れた。
「もはやお前の赤点数に、誰もリアクション示してないじゃないか」
 まだ教室の引き戸から一歩踏み入れたところで止まっていた僕は、鞄を肩に吊ったままそうつぶやいた。
 クラス中が爆笑。その中心でユータはしかめ面をした。
「お前が赤点3つも取るってのが、こんなに皆の日常として受け止められてるんだな」
「ほっとけよ」
ユータは怒ったような声を出した。
「いつも追試期間中はいっぱいいっぱいなんだぜ。少しは同情でもしてもらわなくちゃ合わないってもんだ」
 またクラス中が笑いに包まれた。僕は若干胸をいかめしく張る仕草をした。
「少なくとも僕が赤点を3つ取ったら、お前みたいにシケた反応を皆にさせない自信があるよ」
 それを言った僕を見て、ユータはわざとらしく後ろにのけぞるリアクションをした。
「――何も言い返せねぇ」ロレックス デイトジャスト

 ここで今日イチの笑い。そういう勝ち誇り方があるか? ということ。僕の成績による裏打ちと、聞く人間の最低限の知識があって成立するジョークだ。
「お前が赤点3つも取ったら、もうニュースだよ」
 自分の席から、ジュンイチが合いの手を入れた。僕はジュンイチの方を首だけ向けて、皮肉っぽい笑みを作る。
「当たり前だ。僕の場合、成績をとってるのが一番目立たないんだ。僕は目立ちたくないから、テストで点を取っておくのさ」
「まったく、あれだけ授業サボってるくせに、ふざけやがって」
 ジュンイチはニコニコ顔で親指を突き出し、それを自分の首の前で横に引いた。
 僕達がこうしてHRを遅刻すると、いつからか、フリさえあれば二人でアドリブコントをやるのが常になっていた。
 一番の問題発言としていまだに残っているのは、ローレックス
ユータが皆の前でスベった時に、僕が後ろから肩を叩いて「大丈夫、お前がスベっても、いざとなったら僕がキスでもして笑いに変えてやるよ」と言ったことだろう。その時ユータは「ここでスベるより、そっちの方が大事故だわ」と言った。結果クラス中の空気がそれで持ち直したからいいじゃないか。
「お前たち、毎度毎度いい加減にしろ」
スズキは困惑したように言った。
「何だ。先生、俺に話をフッたんじゃないんっすか?」
 ユータが悪びれずに言うものだから、スズキはもうその後に二の句も付けられなかった。クラスメイトが、どちらかと言うと軽蔑の対象である担任に一泡吹かせたことで、声を殺したような笑いをあちこちで漏らした。
「サクライ」そしてスズキは僕に目を向ける。
「お前がサッカー部に勉強させないでどうする? 副部長なんだろ?」
「……」
 僕はその言葉に、条件反射みたいな速さで、怒りが脳天を突き抜けた。
 些細なことかもしれない。この男だって、悪気があって言ったわけでないことくらい知っている。
 僕はこの男を尊敬もしていない。そんな奴にさえ僕は見下されている。僕の気持ちなんか無視しても厭わず、当然の如く押し付け仕事を任せてくるような、その言葉の意味を理解したのだ。いや、理解、というより、感知、という速さのレベルで。
 気がつくと、僕はス




この記事へのトラックバックURL

http://okmwsxtgbhu.fruitblog.net/tb/?526a17dab847b

この記事へのトラックバック一覧




miu miu 財布

(2013/10/25 Fri)
。ボサボサ頭は酷く無造作だし、服のセンスも奇を衒わず。ロレックス デイトナ
体力が落ちる煙草は勿論やらない。ピュアというよりはナチュラル――静かなること林の如く。自然体に佇んで、本能の赴くまま、感じるままに動く男。単純で軽い奴だが、付き合ってみると深みが見えてくる男。まるで野生の動物のよう。
 こいつがフォワード向きなのが、何となくわかる気がする。ユータは野性の勘のようなものがずば抜けている。あの三国志の乱世の奸雄、曹操の長所もその勘の鋭さだったと言われている。サッカーのような瞬時の判断を問う戦いに向いている。こいつは野球だったらここまでの選手にはならなかっただろう。
 適当に二人でボール回しをする。さすが芝生。もう水を吸い込んで、虎刈りの芝生は毛先に雫を持って、僕達が動く度、それを飛ばしている。こんなグラウンドが毎朝二人の貸切なんだから、こんな贅沢なことはない。
 二人でいつもする練習は、大抵決まっている。僕がクロスを上げ、ユータがシュートを決める、至極単純なものだ。このチームでプレースキックを蹴るのは全て僕なので、それから始まった練習だ。色々な角度、高度のクロス、センタリングを僕が上げて、ユータがそれに合わせる、という練習を繰り返す。
 この朝練以外で、僕がプレースキックの練習をする機会は、極めて少ない。しかしこの朝連で、ユータが的確に注文をしてくれるおかげで、僕のキックの精度は上がった。フリーキックは既に超高校級と、イイジマからも太鼓判を押されている。
 約150本、ボールを上げた。何度も蹴ってはまた次を蹴る。それを二人でやるのだから、練習時間の半分はボール拾いで終わる。片付けに時間をかけないためには、僕が決めやすいクロスを上げ、ユータがゴールに決めればボールが散らばらないで済む。その意識も僕達の上達を早めた。
 8時を過ぎると、登校してきた生徒がぞろぞろとグラウンドの横を通る。通るというか、暇な女子生徒は昨日の試合同様、外の金網越しにユータを見物するのだ。確かにこうやって見ると、私生活はどうあれ、いかにもサッカー一直線のスポーツマンだ。僕はここでは引き立て役。如何にカッコよくゴールを決めさせてやるかを重視したボールを蹴る。
 朝のHR15分前になると、200球近いサッカーボールが、ロレックス 中古
グラウンドのここかしこに散らばる。これを二人で全て片付けてから部室に運び、着替えて教室に戻らなくてはいけないが、最近では両方の精度が上がり、半分以上はゴールの中だ。
 部室で急いで着替え終わった時には既に八時二十八分だった。部室を弾丸のように出た僕達は学校一、二の俊足コンビ、マラソン大会では陸上部も相手にならない。去年はラスト500メートルのデッドヒートでユータに五秒引き離されて二位だった。
 正門前はもう人はほとんどいなかった。もうこの時間で間に合わなかった奴は、わざとゆっくり来るだろう。下駄箱で靴を乱暴に入れて、上履きを出す。
「大丈夫か? ラブレター入ってなかったか?」
なんてユータは言う。
「入ってたら、またぶたれればいい」
僕は適当にとって返す。
 ははっ、とユータが笑った時に、チャイムが鳴った。僕達二人は三階に向かう。ユータは大きなストライドで階段を二段飛ばしで駆け上がる。
 教室の後ろの戸を開けると、ロレックス サブマリーナ
ちょうど担任のスズキが出席を取っているところだった。クラスメイトは全員揃っていて、視線が僕達の方へすべて向けられる。教室の真ん中より奥の三番目に座るジュンイチが笑顔で軽く手を上げた。僕に五百円取られるとも知らずに。
「すいません、遅刻しました」
ユータは頭をかく。その影から




この記事へのトラックバックURL

http://okmwsxtgbhu.fruitblog.net/tb/?526a17b673a00

この記事へのトラックバック一覧




ヴィトン バッグ 新作

(2013/10/25 Fri)
を隠している。憎悪という名のナイフ。暴力の象徴。そして、ナイフを封じる鞘のタガが、少しずつ外れていくのを最近よく感じている。
「生活のリズムを崩したくないんだ」
 我ながら心にもないことを言った。最近、言い訳をよく考えるようになったと思う。
 朝練と言っても、ユータが作り出した、有志が好きな時にやるもので、強制ではない。進学校のこの学校で朝連を強制すると、成績偏重気味の教師連が渋い顔をする。基本的に強制の朝練があるのは、野球部だけだ。
 結局僕とユータしか来なかった。というか、大体この二人しか集まらない。それだけ僕とユータが暇で、他の連中が人生においてサッカーより楽しいか、大事なことを知っているのだろう。それはきっと幸せな人生だと思う。サッカーなんて、やれば絶対疲れるわけだし、楽して楽しめるものがあるなら、それをやるのが一番いい。僕だって暇じゃなかったら、練習なんて来ないだろう。
「そういえば」プラダ

僕は思い出した。ユータにも、女という退屈しのぎがあった。
「ユータ、昨日彼女抱いたか?」
 ユータはそれを訊いて少し沈黙したが、少し照れ笑いしながら答える。
「ああ、部活帰り、流れでそうなっちゃった」
照れくさそうに舌を出した。
 やっぱり。
 でも僕は、もう彼女の名前も覚えていない。
固有名詞を僕は進んで覚えない。クラスメイハンドバッグ
トの半分の名前が曖昧なくらいだ。あのでかい胸を持っている時点で、ユータをそそらせる女の子であったことは確かだ。彼女の情報は、名前より胸が優先された。僕はあの時それを峻別したのだろう。それだけわかれば十分だと。
 昨日の活躍をそのままいい流れにして、彼女に考える暇も与えずに、ベッドに誘い込んだユータの姿を思うと、ユータはうまく女を抱いていると思う。僕が同じ立場でも、絶対彼女をベッドには運べないだろう。そういう、流れ――さりげなさが、僕には明らかに不足している。
 賭けに負けたジュンイチの悔しがる顔が目に浮かぶ。こんな簡単に金をもらっていいのかと思う。
 高校生にとって500円は、リーズナブル且つユーズフルな額だ。一食飯を食うことも可能だし、カラオケなんかで十分遊べる。賭け金が札になると、途端切実になる。五百円はそういう意味でも絶妙な遊びの額だ。それ以上の額の賭けだったら、途端に後処理が面倒臭くなる。高校生の大部分はそれくらいの金銭感覚は持っている。
「しかし参ったよ。彼女、煙草吸ってたんだなぁ。ずっと気がつかなかった」
「今度から、付き合う女を注意深く見ることだな」
 僕は心ばかりの忠告を餞別した。僕は一目でそれに気がついたけれど。
 人生というのは手品ショーに似ていて、タネを見抜く眼力に優れている程面白くないものだ。ミウミウ
まさに今のユータと僕はそういう感じかも知れない。簡単な手品のタネにも気付かず、え〜! とか言っていられる奴の方が、きっと人生は楽しいのだろう。別に手品のタネを見切れたって、自分の益になる事なんて何もないんだから。
 グラウンドに行くまで、ユータは昨日の彼女のことをつぶさに語っていたが、僕はそれに、へえ、と、どこぞのテレビ風の反応を続けていた。話の内容も、僕にまったく関係ないものだったと思う。だから聞き流していた。
 しかし、アップ代わりに軽く走りだしてからは、女の話はぷっつりと途絶えた。遊び人のユータに僕達が文句も言わず部長として従っているのは、その技術以上に、サッカー一筋のこのスタイルによるものなのだ。
 別にこいつのフォローをする気はないが、ユータはカッコつけない。自分の素のカッコよさを自覚して、必要以上に脚色しない




この記事へのトラックバックURL

http://okmwsxtgbhu.fruitblog.net/tb/?526a177a27341

この記事へのトラックバック一覧




All Rights Reserved iBRIDGE Corporation.